2019/12/06

話してごら~ん♪笑 ~年下の子(2)

はい!昨日の続き。この秋から、10歳以上も年下の子たちとチームを組んでみて・・・思う。
全メンバーにとって、居心地の良い環境を作りたい。意思を話せる環境を作っていこう。

昨日のブログで申しました通り、年下の子たちは、私に対して、普通に話す事が難しい。
だから最初は、インタビュー形式ですよね。まずは、わずかでも気持ちを話してもらう。
そのうち、気持ちを出し慣れてくるはずよ~ん。ちょっと慣れてきたわよ~ん 笑

でも、思い浮かんだ時に話せばイイんだぞ。思い浮かばなかったら、言わずともイイ。
そこに自由度があれば、会話に無理が生じないってゆーのかな。自分の気持ちを出す事に、
変なプレッシャーは要らないのさっ。
自由なスタンスで会話をする事が許される環境だと、
そのうち、言いにくい事でも、みんなに話してみよっかな?って思えるんじゃないかい?

言いにくい事って??

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団
(↑インスタより)

どこの集団でも、これが望ましい、というルールが有るじゃないですか。うちも有る。
でもでも・・・、それぞれ違う人間なのだから、それぞれに、猛烈にやりたい事があったり
無かったり 笑、楽しい範囲がコノ辺だったりアノ辺だったり、ハイペース好きとか、
マイテンポ好きとか。メンバーは元来、デコボコしています。それを、どっちかだけに
合わせるのは、居心地が悪い時もあるワケよ。それは承知しておりますが・・・

大勢は一丸にならないと上手く起動しないので、皆様には集団へ寄せて頂いております。
が!今回のチームは小さい。各自の持ち味を発揮するほうが有利です。「私はコノ路線で
行きたい」の意思を出してみましょ!「私1人だけ、ちょっと違うかな?」と思っても。

不揃いの個性が集まるからこそ、チームが持つ課題の幾つかに、誰かがスムーズにハマり、
誰かが奇策をもたらし、誰かがコツコツ続け、誰かがガツガツせずに癒しになり 笑・・・、
そうやって “各自が臨機応変にやって成立するチーム” ってのも有りなワケですよ。

とは言え、無法地帯では、さすがに何にもならぬので、全員が共通して持ちたい事は・・・
①何の為のチームなのかという活動範囲の認識(グランドの中には居ましょう 笑)
②互いへの尊重(得意分野と不器用分野がある事を、自分のも他人のも承知しておこう)
③「私は、こうしたいです」の主張(これが、当たり前に言える環境にしたいよね)


◆さあ、この考えで、
私たちは上手くいくのでしょうか?
楽しみでございます 笑
↓ やってみ。のレッツ!プッシュ!!




【 みんなでマイコー!! 】
https://youtu.be/aezRQxCSlDY
2019/12/05

健気よの~♪笑 ~年下の子(1)

人間関係において、年齢って何でしょうね? 世の中には、色んな言葉があります。
「人生経験が豊富な年長者を敬うべきだ」「仕事は年齢より実力で勝負すべき」
「今の若いもんは!」等々。いくらでも出てきますね。全部、一理ありますから。

日頃のお考えは様々として、いずれにせよ、人間関係の中で “年齢の上下” は、無意識に
強く反映されるものだ
と感じますね。私も年齢的に人生の後輩の数が増えてまいりまして、
思うのです・・・「どちらかと言えば、年齢が上の人のほうが、下の人へ話しやすいかも」。
世代が違うとお互いに遠慮がちになりますけど、でも、話しかける時の壁の高さは、
“年上から年下へ” のほうが、わずかでも低いんじゃないかな。

わたくしの場合ですが・・・ “私よりお姉様” な皆さんのほうが、私へお話下さいます♪
楽しいオシャベリの時間はイイものですね 笑。・・・で、一方、私よりも年下の皆様は・・・
私と話すには壁が高い様子。年上だし、出会った時から先生って立場だし、そりゃ~、
普通には話せないさ。こちらがインタビューして、やっと話してくれるかどうか・・・です。

一番上のクラスでは、コレが顕著。芸事は過酷な環境ゆえ、スランプに陥る時もある。
でも、彼女達は放棄しないし、ツラさを感情的に吐露する事も、決して無いですね。
(これは愚痴の類いね。・・・心の整頓が済んだ後の反省や感想じゃなくて。自分の現状は、
自分で自分に説明しましょうね。解決を他人へ振っても、自分の力になりませんもの。)

本来、それらを見せれば終わりの世界だから、表に出さないのは当然だけど・・・、
気軽に話せない年齢や立場によって、甘えが抑えられるってのはあると思いますよ。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団
(↑インスタより。一番上のクラス♪)

(余談ですが。こちらも、そーゆー “寡黙に必死な姿” を見逃すまい、忘れまいと思う。
でも、なぐさめたりしないですよ。根本的な問題を解決せずに、気分だけ良くなっても
ブリ返すだけ。言葉をかけるなら、建設的な提案・・・今後の作戦です。そして、ただただ
教え続ける、同じ事でも何度でも教え続ける事で、全身を使って応援しております。)

はい!という事で、年下のお弟子さん達は、特に “モノを言いにくい立場である” 事を、
頭に常に置いております。そして、年齢に関わらず、全てのお弟子さんが秘めたる思いを
お持ちだとお察しします。それこそ、山のように。それこそ、ダンスが好きだから。


◆なぜ、このお話をしたのかと言うと、
この秋から、10歳以上離れた後輩たちと
チームを組んでいるからです。明日へ続く。
↓ あいよ。のレッツ!プッシュ!




【 Galaxy Express 999 】
https://youtu.be/dSR_oOSvWH0
2019/11/22

より頼もしく ~綺麗な時間(4)

先輩講師のSINOさん。イベントレッスンでは、YU-KOと組んでもらいました。
もうね、後輩との距離感がベストです。YU-KOは、やりたい事が沢山浮かぶタイプ。
それを踏まえて、考える時間多め+適量のヒントを、+イベントが成立する所へ着地する。
リードの達人だな。「(相手の)経験を奪わないように」などと言いおってからにぃ~♪
“個性を活かした育て方” 分かってるねぇ。お陰で、より丁寧に後輩達を育てていけます。

YU-KOのほうは、先輩が “やってのけた事” の数々に気付いていました。糧になるね。
こういう噛み合い方が最高。研修の甲斐が大有りです。余す所無く頂きました!の状況。

SINOは、後輩が今後経験するであろう事を知ってます。ゆえにクリクリの目でいわく、
「みんな絶対、うまくなっちゃう!楽しー!」との事。いたずら小僧の顔だ、あれは。笑

教える人間は、そーでなきゃ!と思う。“自分の経験を後輩へ還元する事” について、
SINOがそれを楽しめる同僚で助かります。(うけ売りでは無理。彼女自身が体験して、
腑に落としてきたんだよね。その貴重なモノを後輩に喜んで渡せちゃう。彼女は理解して
いるんだな・・・講師の立場も、責任の果たし方も。もう充分に “姿勢で見せられる先生”。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団
(↑インスタより 「カー!いやいや(照)」)

デビューを終え、イイ顔で帰る新人アシスタントたちを、窓から見ていた時の事。
SINOが言ったんですよ「は~、ほんっと、イイ時間!。日曜日は家に帰ってから、
“今日も綺麗な時間だったぁ~♪” って思うんです」。更に、彼女は合掌しながら・・・
“尊い” って、思います」との事。

ドッペルゲンガーだねー、SINO君。
私も思ってますよ、“尊い” が最適の言葉。
(もう、令和のバカップルで結構です 笑)

私の頭が2つあるようなものなら好都合。是非、SINOさんにも、特に企画・演出で
頭を使って頂きたい。面白い活動が、今の倍以上、生み出せるかもしれません♪

私の師匠は、私に言って下さいます・・・「行け!間違っていないから進め!」ってね。
私自身も「あたしが行く!」とは思っていますが、師匠の太鼓判「お前が行け!」は効く。
だから、私もSINOさんに言いましょう。

SINOさん、もっと出過ぎましょっか!
未知の領域へ出ても、面白いが見つかります・・・
あなたの、その頭なら。さあ!使え使え!笑


◆いやー、仕事柄、日々綺麗な時間が多い。
かつての受講生さん達にも泣かされたばかり。
OGの皆さんとの話も、今度ご報告します。
いやー、浮世離れが進むねー、あたし。
↓ あきれた顔で、レッツ!プッシュ!!




【 アベンチャーズ入隊希望者 】
https://youtu.be/QqNyQ7wTRtc