2020/07/02

災い転じて・・・

3月下旬、移動の季節で、仙台にもコロナが。
4月、一番怖かった。そして、臨時休校。
5月、スクール再開。本調子には程遠い。
6月前半、稽古の雰囲気が落ち着いてきた。
6月後半、集中力の高まり。そして・・・

何ですか? コロナ以前よりも
“良いパフォーマンス” が増えてきた??

この子、いつもならココでヘタるけど・・・
(;@皿@) え"
・・・ ヘタらなーい!?

この子、コレが苦手なんだよねーん。
(;@皿@) え"
コントロール怠ってない!?

何だ何だ? 急に、ですよ、急速に!!

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

ダンスの習得は、算数みたいに、教科書を読んで理解すれば解けるってな世界じゃない。
1レッスンで、1mmにも満たない塩1粒を獲得する日もあれば、失う日もあり、1年が
経ち、それでも塩の塊は、角砂糖の大きさに勝てるのか?どうだ?ぐらい厳しい道のり。

そーれをですよ? 命がコロナの人質みたいなもんだから、マスクだ、ディスタンスだ、
などと、わずらわしいのに、テキトーにはできない、この状況下で、ですよ? 皆さん、
本当に集中している。良いほうへ変身してってる。ああ、どーしましょう・・・

( T▽T) 泣けるさー。も"ぉおおお。
どーして、そんな事を見せてくれるんだい?

常々、ダンサーさんの成長期を通して、“人間ってスゴイ!” と思っているのですが、
コロナ禍で、その驚きを頻繁に味わおうとは・・・。

この禁じ得ない感動を分かる人、誰だ?

あ!SINO!!
お前さんには、分かるかい???


◆だから、講師業にハマってんです、私。
リアルなのに、ドラマティックだからさ~。
(母には、変人扱いされます 笑)
↓ 変人に1票。レッツ!プッシュ!!




【 負けるな!SING! 】
https://youtu.be/D06H029ni-w
2020/06/19

人間性のリトマス試験紙02

人間関係において、悪いほうへ進むであろう、と予測がつく時がありますね。私の場合、
それが舞台仲間だとしたら・・・、ご本人のゴリ押しが増える、とか、時と場に合わない
ザツな会話が増える、とか、慣れでこなして終わる、とか・・・、こうした事を要約すると、
未来への建設的な話題がゼロになるんです。彼女達の中で、何かが起きてるな~と思う。

オトナだし・・・差し出がましい事はしたくない。でも、苦楽を共にした仲間ですからね・・・
少しは試してみるんですよ。ズバリの話し合いではなく、新しい今後の提案をしてみる、
とか、いつもと違う組合せで踊らせてみる、とか。方向転換への、わずかな望みを持って。

方向転換というのは、別れを回避するって意味じゃありません。私は別れを気にしません。
人間、いつまでも一緒、は無いのだから。私は余す所無く、技術の全てを教えますけど、
それは “自分の職業へのプライド” です。そーゆー講師でありたいのですね。よって、
自分の教え子さんがダンスを続けるか否かは、ご本人の自由。私への恩返しは不要です。
(心ある人は、ダンスや後輩たちをバックアップしてくれたら、それはホント有難い!)

で、す、か、ら、いずれ決別を迎えるであろう仲間が出てきた時、私が考える事は・・・
“ソフトランディング” させたいなぁ~って事なんです。やわらかな着地、ですね。
ヒドイ墜落なんぞ見たかないでしょー、一番、そんなものー。誰もが心を痛めます。
避けたい。だから、変な事にならないでぇ~って、方向転換の材料を作ってみるワケね。
綺麗な終わり方で、ご卒業してほしい・・・、本人含め、彼女を慕う全ての人々の為にも。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

しかし、昨日の記事のごとく、結局エライ事になってしまったりする。修復困難ならば、
もう、さらっとした対応で宜しいんじゃないでしょうか・・・、速やかに距離を取る事です。
コロナ禍で人間関係が破綻した皆さん!それは、必ずしもマイナスとは限らないですよ。

コロナ禍の中で、私は強く思います・・・ 続けたい人間関係を温める事に、身も心も時間も
使いたい!! 今、私のレッスンを望んで下さる方たちや、研修中のアシスタントさん・
現役講師さん達にこそ、力を注ぎ込みたい!!ってね。

\(*´∀`*)/ だってさぁ~♪
その中に “幸せ” があるのさぁ~♪


つまり、距離を取る事はマイナスじゃなくて、他方で「幸せへの1歩前進」なんです。
元気を出して、日々お過ごしなさいませ!! 自分の周りの住み心地が段々良くなるから。


◆以上でーす。ひときわ長文だったねー。
ご覧下さって、有難うございましたっ!!
↓ あいよっ! レッツ!プッシュ!!
2020/06/18

人間性のリトマス試験紙01

コロナ禍は「人間性を判定するリトマス試験紙」となった・・・そんな言葉を使った記事が。
確かに、得体の知れない恐怖、何かを失う恐怖を前に、各自の判断で行動しましたものね。
結果、感謝しきりな行動から、呆れ返る行動まで、ハッキリとした形で目撃する機会に
なりました。その記事では、私も以前お話した、ナチスの収容所から生還した心理学者・
フランクルの言葉を紹介していましてね・・・

「最後の最後まで大切だったのは、その人がどんな人間であるか『だけ』だった」。

危機的状況で身包み剥がされた “素の人間” に残るのは、“人間性だけ” って事ですね。
コロナ禍を機に「やっぱり、あなたと一緒に居たい!」と再確認した人間関係もあれば、
薄々分かっていた問題がアカラサマになった・・・な~んて人間関係もあるんじゃないかい?

非日常の環境では、人間性が色濃く出やすい、とすれば、舞台活動もそうかもしれません。
ある人の良さが冴える事もあれば、ある人の持ち味が問題へ至る事もある。本日は敢えて、
その問題についてお話します。論点がモヤッとしないようリアル10%含有をお許し下さい。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

例えば「私が稽古の環境を良くしている事を認めて下さい。失意でリハに出られません」
という理由で本番直前の稽古を休む、とか、自分の穴を必死に埋めてくれてる後輩達へ、
本番直前に「もぉ~、ダンスいいかな~」とサヨナラ発言して泣かせる(本来は、皆へ
感謝を伝え、声をかけ、最後まで見届けて・・・ いや、その前にチラシの1枚でもお持ち
頂きたい所)。・・・365日で最も大事な時期である舞台直前に、こうなるとは何故でしょ?

彼女達は皆、同じ事を言うのですね・・・「私は、それがイイと思うので、そうします」。
そういう所が魅力でもあるけれど、この件に関しては、その考え方は違う!

大勢が大変なパワーを出し合って、舞台を作るんです。開催に支障をきたす言動をする
ってのはさ、大勢の人達の渾身の努力に、泥水を浴びせる行為」に等しいと私は思う。
そこへ思い至っていれば、この問題は起きないのですね。(大変悩んだ末に結論が出た
のでしょう。だからこそ、結論を疑いも無く発言できる・・・。でも、悩んでいる途中で、
感謝や責任感が、本来すべき配慮とは違う方向を向いちゃった・・・、そんな気がします)。

これほど感覚がズレる事もあるのですね、人間同士は。でも・・・、それは一発では来ない。
ああ、この子、あと1年持たないぞ・・・って予兆があります。そんな時、私が試みる事は、
「極力、ソフトランディング(軟着陸)させたいな」って事です。


◆ソフトランディング??
↓ 明日へ続く。レッツ!プッシュ!!