2019/03/11

どの土地も何かに真剣だ

今日は、3月11日です。
今日という日に思う事をつづります。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団
(↑2011年公演より)

私は転勤族でしたから、子供の頃、様々な土地に移り住みました。

広島の学校では戦争や原爆の事を頻繁に学びます。だから自然と、それらの問題が身近に
感じられるようになる。。。これが、東京へ移った途端、教科書に出てくる程度になり、
「ココでは、この問題、こんな感じか」ってゆう、疎遠な印象を受けた記憶があります。

引っ越す先々の学校で、その土地が最も気にしている問題を教わってきました。
「ココでは、この問題に関心があるんだ」って思いましたね。転勤族だから尚さら感じる。
何らか痛い思いをした土地では、“後世に伝えなければ” という真剣みが強いんですね。

東日本大震災から8年。私自身は大した被害も受けなかったのに、“震災” の話題には
ぐぐっと、涙が出そうになりますね。追悼だけではなくて、人が心や生活を回復させる姿、
新たな街の展望を描く姿…、この土地の色々な様子に、自然と強く関心を引かれます。

日本全体では、どうしたって、震災の記憶が薄らいでいく事でしょう。
でも、ココの土地の人たちは、忘れまい、というか、忘れられない、ですよね??
震災の記憶が、ココの土地を強くしていくと思います。簡単には風化しないぞ??

で、この先も、3月11日には必ず、ニュースやTV番組で震災の話題に触れるはず。
それは、日本全国をちょっと強くする日になるんじゃないですか?防災を考える機会
(教訓)になるかもしれない。うん!大事な日!全国にニュース・・・放送してほしい・・・


◆私は、日常へ感謝する日にもなってます。
あの時、非日常を味わったから。。。
↓ んだな。のレッツ!プッシュ!!




【 仙台大衆舞踊団・邪馬台国より 】
http://youtu.be/xZ_OIzoLomo
2018/03/13

大事な日です ~7年

東日本大震災から7年が経ちましたね。

風化させちゃいけないのは・・・
災害への備え、支援への感謝、鎮魂の思い。

でも、許される風化もあるような。
風化は、記憶が経年により薄れていく事。

こんなコメントを聞きました。

「少しずつ非日常を感じなくなってゆき、
今は日常と思って生活をしている。
いつまでも被災者でいるのはつらい。

ものすごく、納得しました。
そのような思いもあるのですよね。

被災者という感覚が無くなってきた事は、
今、日常を生きている証し。。。
それは、災害が起きた当初に、
私たちが望んでいた事です。

仙台の猫屋敷・ヒゲーニョ家
(↑↑ あの時に咲いていた梅)

あの頃を振り返った上で、
わたくし、改めて、
日常に感謝し直した次第です。


◆皆様に 「有難うございます」。
そのうえ、恐縮ですが・・・
↓ レッツ!プッシュ!!頂けますか♪
2017/03/11

東日本大震災から6年の日

東日本大震災から6年になりますね。

友人がくれた今年の年賀状に、避難先を離れ、
地元福島へ戻る事になった、と書いてありました。
彼女の家は自営業です。住む場所を移動するのは、
生計を立てる上で、大変なご苦労があると思います。

東北に住むわたくしですので、
「まだ終ってないな」 と、
もやーっとする気持ちがあります。

「少しでも良い方向へ進んでほしい」
そう祈る事が無くなる日は、いつになるのでしょう。
少なくとも、今はまだ、見当もつきませんね。

ちゃんと、復興の音に、聞き耳を立てていたい。
そう思っています。