2024/03/11

問題の中心地 ~大震災から13年

東日本大震災から13年が経ちますね。
日本列島は、何だか "代わりばんこ" に
災害に見舞われております。

こんな事を思い出しましたよ。

震災から1か月後、久々に稽古を致しました。
お互いの顔を見たら、元気になれそう…と
思ってね。津波被害が深刻だった石巻の子も、
ガタガタ道を乗り越えて、仙台へ来ました。
で、いわく...「まるで違う世界だ...」。

とても驚いてましたね。仙台もライフライン
が1カ月戻らず、食料も入手困難でしたけど、
津波で町を根こそぎやられた地域に比べたら、
仙台なんぞ "通常のうち"。

仙台のダンサー・ヒゲーニョのOFF
(↑インスタより。今年の梅が咲いた。)

災害の中心地は、日々を辛うじて生きる事で
手一杯。立て直しの為に使える余力って、
残らないですよね。だから、被災地の外から、
沢山の助っ人が入らないとダメなんだね。

…災害に限らず… ちょっと思うんだけど…
何かの問題に見舞われている当事者って、
その場で格闘する事だけで手一杯ですよね。
好転させられるほどのパワーは、残らないん
じゃないかな…。その場合、外から助っ人に
入ってもらうのがイイ。問題が深刻なら尚更。

うちの介護が、まさにソレ。壮絶を極めた時
には、目がまるで離せず、力仕事も増え…、
24時間以上眠れない日が度々出てきて、
食事は立ったまま10分で終了。こうなるとね、
家庭という "戦場" を片時も離れられないの。
食料日用品が尽き始め…体力気力も減る一方。

頑張り過ぎちゃ、ツブれちまう!!
助っ人、プリィイイイーズッ!! 
(…助けて頂きました。感謝しきりです。)


◆皆さん、ツブれるほど無理せんでおくれ。
…世の中には、様々な問題があるけども。
↓ んだな。レッツ!プッシュ!!
人気ブログランキング


【 震災元年の公演・邪馬台国より 】
2024/01/02

元日に…

初詣も済ませ、これからお正月のお菓子を
頂きましょ♪って時に地震速報アラームが。
家族一緒の日ですから、リビングのスマホが
何台も一斉に鳴って…バイブで震えて…

一気に身体が緊張しましたね。
東日本大震災の記憶が染みついてます。

現地では、強い余震が続くはずです。
余震と思えないほど、強い…。

せめて余震が少なくなるよう祈るばかりです。
(日本海側は寒さも心配だな…。)

FDC仙台ダンススクール
(↑東日本大震災の頃の写真より。)

2023/03/10

VHSと東日本大震災と…

さて、断捨離中のVHSビデオ。こんなのも
見つかりました… 20代の頃の仕事映像…
「みやぎ国体・競技別開会式の演出」
「仙台モーターショーのホンダブース振付」。
更にさかのぼり、ダンス1本で生きていく前
の会社員時代の映像まで発掘しました!?

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

すっかり忘れてた、これらの映像の存在。
不思議な話がね…1週間ほど前、スクールへ
問合せを下さった女性がさ、モーターショー
の仕事でご一緒した方だったのですねぇ~。

そう。何かの意味を持っているかのような
タイミングってありますよね。

明日、3月11日ですね。東日本大震災の日。
震災同年の公演テーマは「邪馬台国」でした。
自然の猛威に立ち向かう人々を描いた作品。
舞台制作は震災前から始まっておりましてね。
地震が起きた時、"この舞台は上演しなきゃ
いけないって事なんだろうな" …と思った
記憶があります。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

(舞台仲間の皆さん。「邪馬台国」を見て
チームに加わったのが、KASHIなんだよ。
彼女はまるで、私の人生の "フラグ" みたい。
彼女がマイケル・ジャクソンのVHSを私に
回覧したので、私はプロダンサーになった。

舞台の方向性を変える決心をした頃、彼女が
先へ天に昇った。そしたらさぁ~、もぉ~、
あたしゃ、心の中ですらサボれなくなったよ。
"いつでも大切に舞台を作る" って心構えを
ゆるませちゃいかんな、と。慣れや惰性で
作ったら、彼女にはバレますからね 笑)


◆ヒトって肉体が無くなっても、
その人との関わりは続くものですね。
そして、以前より、もっと本音で、
お話しちゃいますよね?その人と。
↓ そうかもね。レッツ!プッシュ!!



【 大ソナタ悲愴 】