2022/03/11

中浜小学校へ ~震災から11年(2)

先日、山元町震災遺構 中浜小学校を訪問。
東日本大震災の大津波から、児童や地域の方々など、90人の命を守り抜いた小学校です。

いくつもの偶然が重なっている・・・って言葉。よく聞くし、中浜小にも当てはまりますが、
その内容は、私が想像できる範囲を越えた偶然の連なりです。詳細なお話を伺ってこそ、
初めて、その出来事の本当の凄みを感じる事ができました。

かつての民家を再現した立体地図には、込み上げるものがありましたね。瞬時に奪われる
日常。とてつもなく悲しい。(余談ですが。人は突然の災害で、命や日常を失う事がある
ワケですよね・・・どんなに防災しても。ましてや戦争を起こして、人間が自ら悲痛な現場
を増やすなんて愚かです。あってはならない事だと思わない人をどうしてくれよう。怒)

仙台のダンサー・ヒゲーニョのOFF

見学の最後に “震災当日、一夜を明かした屋根裏倉庫” へ入りました。私はココが一番、
リアルに感じましたね。コンクリートの床一面に、色んなものが散乱しており・・・
そばにあるものを見ると、太い油性ペンで「さいゆうき」と書かれたダンボールが。
平たく解体した状態で敷いてありました。ビニールヒモで作ったポンポンのような物や、
オーガンジーのスカート風の物、剣道の面??とかもあったような。

学芸会や運動会の道具と、それを仕分けしていたダンボール箱って事は、すぐに分かる。
敷ける限りのものを敷きつめて・・・。おとな達が必死に窮地を切り抜けようとした事、
一目瞭然でした。こども達に「大丈夫だよ」と言いながら、耳には届いていましたよね
・・・引き波の音が。不気味に響く音が。強い余震が何度も起こりましたしね。その中で、
心と身体を守り続けた事、涙が出てまいります。

震災遺構。私が知らないだけで、こんなにも大変な事が起きていたんだ・・・ と教わった
次第です。震災後に石巻・女川を案内してくれたFDC石巻の皆さんを思い出します。
あの時、知る機会を下さって有難うね。

知ったほうがイイんだ。でなきゃ、
考え始める事もないのだから。


◆震災遺構の防災的な価値を感じました。
↓ なるほど。レッツ!プッシュ!!



【 大ソナタ悲愴 】
2022/03/10

海のそば ~震災から11年(1)

出無精のアタクシ。これまで、年がら年中、
夏用のランニングシューズでした。
軽くて楽♪ 街へ行く程度なら大丈夫です。

しかし、この冬は、自然のそばへ行く。
G.T.HAWKINSのトレッキングシューズを
履いてみましたら・・・、足先が温かい・・・
あ!コレ!! しもやけに優しいじゃん♪

仙台のダンサー・ヒゲーニョのOFF

海のそばを、車で走っているとね、
みんな、同じ様相なんですよね。

海との境には、堤防が延々と続く。
堤防の手前には、のぺーっとした公園が定番。

だから、私は、どこを走っているのか、
分からなくなるんですよね。
(ん? それは地理に恐ろしく弱いから?)

「この辺は、ずっと、
 民家があったんだよ・・・ 沢山。
 全部無くなってしまった・・・」

どんな景色だったんでしょう。
それぞれの土地で雰囲気が違ってたのかな・・・


◆先日、宮城県の最南端にある山元町へ
行ってまいりました。中浜小学校へ・・・
↓ 明日へ続く。レッツ!プッシュ!!



【 玄奘三蔵 】
2021/03/11

今さらながらの油断発覚

東日本大震災より10年を前に、
先日、大きな地震がありました。

ニュースでインタビューを受けた方々は皆、
「今回の地震は、震災を忘れるなよって
 言われた気がします。」とのご回答。

同感です。わたくしも・・・

“防災に対しての油断に気付いた”
次第でございます。例えば・・・

震災で動かなかった低い箪笥に対策をせず、
今回倒れた・・・などという油断をしました。
しかもコレって “大震災当時からの油断”。

前回大丈夫だったからイイだろう、の考えが
海沿いの避難を遅らせた理由の1つなのにさ、
ダメじゃないですか、わたくし!!

今回の地震で、ダンススタジオの外壁から
電気メーターが外れました。10年前の震災時
にも、同じメーターが外れたのです。
思い出しました、リアルに、当時の事を。

AQ09a.jpg
(↑10年前の震災より)

「震災を忘れるなよ。備えるべし。

そう言われたんですね、やっぱりね。


◆どこかで起きた事は、
いつでも、ココで起こり得る!
・・・の頭で行動しなきゃね、わたし!
↓ んだね。レッツ!プッシュ!!