2014/01/24

続・おみくじ

「三瀧不動尊」 のおみくじ、続編です。
先のおみくじには、「誠実は成功の基」 の御言葉も出ました。
「でしょ?やっぱり」 と思いましたね。
あたくし、ダンスの道はこれまで通り、自信を持って 「誠実」 に参ります。
(他の事までは頑張れないけどね~♪ ふふ~ん♪)
  
「誠実は成功の基」 には、たとえ時間がかかろうとも、
誠実に続ければ、いつか達成する・・・ という意味があります。
FDC(Futurist Dance Company) にも、仙台大衆舞踊団 にも、
その名にそうした意味が込められているのですよ (^∀^)b
 
 仙台のダンススクール・FDC
 
ダンスの団体にトップの名前を入れて、例えば 「由美ダンススクール」
「K仙台舞踊団」 とするのは、よくある事ですね。私どもがそれをしないのは、
旬の指導者が順次、団体を盛り立てていくのが良し。“誰かの所有団体”
ではなく、構成するダンサーが “私たちのチーム” と感じられる環境を作り、
長期戦で団体を成長させてゆこう、という考えがあるのです。
 
だ~から、あたくし、自らを 「礎 (いしずえ)」 と考えておりますので、
指導に出し惜しみ!?なんぞしません。 ダンサーも、後輩講師も、
良質に沢山育てたいのです。 目指すは “仙台名物” なんですから、
先はまだまだ遠いのですから・・・ 近道の無い道をコツコツ爆走するのだ!!
 
 
コツコツと爆走!? 変な表現ですが、実感はそうです。
↓ 「お疲れさまでーす」 のレッツ!プッシュ!!を頂けますか♪

 
2014/01/23

三瀧不動尊は行きつけ!?

おみくじは、参拝時のイベントとして引く・・・という程度で、 
さほど思い入れが無いのが普通でしょう。あたくしも、そうです。
ただ、な~ぜか、仙台中央通りにある 「三瀧不動尊」 のおみくじ だけは
「鋭いツッコミ」 が入るので、少々気にしております。
私の迷いにズバリ!と触れすぎて、毎度見過ごせない!!
 
今年の御言葉・・・、以下を一読するなり、クスッ♪ となりました。
 之を知る者は、之を好む者に如かず。
 之を好む者は、之を楽しむ者に如かず。

 
ダンス星人諸君!まさに我々の事じゃないか!?
 ダンスの知識があっても、それを愛好する者には及ぶまい。
 愛好する者は、楽しんでダンスと一体になっている者には及ぶまい。
 
 仙台のダンススクール・FDC
 
「知る」 というのはスゴい事ですね・・・ 知識を上手く使えれば、
「喜び(好き)」 を感じます。知れば知るほど、好きに拍車がかかって、
「夢中(楽しむ)」 へ到達するんですから。
 
私もそのプロセスを体験した1人。以来、何十年、夢中状態が続いている事か・・・。
だからこそ、あたくしは講師として、中途半端な教え方はしたくないですよ。
良質の 「知る」 をご提供したい! ですね。
 
 
◆熱血漢キムラのおみくじ、“縁談” 欄は 「待った方がよいと思います」。
この歳だからでしょうか・・・お不動様も 「待ちなさい」 と断言されず、
「と思います」 などと遠慮がちにアドバイス。
↓ いつか 「今でしょ!?」 ってのが出ないかね~。レッツ!プッシュ!!

 
2014/01/22

棚ぼた式広報!?

私の場合、無欲のご縁 のほうが、相性がイイようです。
ダンス公演 「シンドバッド28世」 の裏話、続編。。。
 
先の “むーくん” の時は、彼のネームバリューで広報活動が楽勝なのでは♪
と期待したのがマズかった。宣伝媒体としての彼は殆ど効果が無く、
あたくしのイヤラシイ計算は外れたのでございます。
 
一方、同公演では、まるで別の方向から 「河北新報」 さんの取材が入りました。
公演チラシをご覧になった文化記事の記者さんが、興味をお持ち下さったのです。
 
 仙台のダンサー、ヒゲ☆デビュー
 
不思議なものです。こちらから 「仙台大衆舞踊団を取材して~」 と
お誘いしてもヒット率は低いのにね (数打ちゃ当たる方式に近い)。
大きな仕事、大きな取材が舞い込んでくる時は、
こちらが立候補!?せずとも、あちらからやってきます (棚ぼた方式)。
 
棚からボタ餅はそうそう落ちてきませんので、立候補の数も打ちます。
そして、私の場合の棚ぼたは、私たちの活動の一部を
どなたかが見つけて下さる事で発生しますからね・・・
地道に 「面白く歩み続ける」 と致しましょう。 面白く、というのは、
“ふざけた” の意味ではないですよ。 楽しんで♪ って事です。
 
 
◆そんな考えの私を後押しする “仏の御言葉” を頂きました。
仙台・三瀧不動尊のおみくじ、毎年ズバリなんだよな~。
↓ 明日、詳しくお話します。レッツ!プッシュ!!