2014/01/20

自らハマル

先日の上映会にて、久々に2009年制作の舞台を鑑賞。
記憶というのは、確実にアイマイになるものです。ステージの前半、
自分が記憶していた以上に 「イイ演出だったわね~」 と感心してしまった(笑)
その上、自ら作った物語に涙ぐむ始末・・・ (「ここでお客さんを泣かせよう」 と
考えた企てに、自分がハマったのでございます)。
 
 仙台大衆舞踊団 2009
 
その作品の名は 「シンドバッド28世」。
仙台大衆舞踊団・初の完全オリジナル作品 です (You Tubeの
プロモ・ムービーは、ここからダンスシーンのみを抜き出しております)。
 
それまでの舞台は、「白雪姫」 「西遊記」 といった有名な物語をアレンジしたもの。
自分で一から物語を考えるよりも、ずっと頭がラクなんだよね~。
しかし! 思いも寄らず、初のオリジナル作品は好評。。。つまり、お客様いわく
「結末が分からなくて、面白かった!!」 という事なんですな~。
 
 (;ーДー)え~、今回がたまたま上手く作れただけかもよ~。
 
こうして、あたくしは、アタクシを信じられぬまま、
次回へ向けての物語をひねり出し始めたのです。
 
 仙台名物「仙台大衆舞踊団」の初期作品
 (↑↑実はヒゲーニョ木村、キャラの濃い脇役が似合う♪) 
 
 
◆今年の作品は、どんな物語にしよう・・・。 と、その前に、
「シンドバッド28世」 の苦労話をお聞き下さい。
↓ よし、話してみなさい、という方はレッツ!プッシュ!!