2019/07/20

ネタ提供 ~猫バカ日記

お花 「ブログのネタが無いですって!?」

仙台の猫屋敷・ヒゲーニョ家

お花 「ご褒美・・・くれる??」

仙台の猫屋敷・ヒゲーニョ家

お花 「オヤツ有り・・・ OK!協力するぅ」

仙台の猫屋敷・ヒゲーニョ家

お花 「ええ!?それぇぇぇ!?」

仙台の猫屋敷・ヒゲーニョ家

お花 「かぶりものだなんて・・・」

仙台の猫屋敷・ヒゲーニョ家

お花 「聞いてないもん・・・」

仙台の猫屋敷・ヒゲーニョ家


◆でも似合うよ、パンダ。色もピッタリ。
↓ 似合うと思う方、レッツ!プッシュ!!
2019/07/19

最後まで謎! ~あらすじ2019(3)

本日も仙台大衆舞踊団2019「アバンギャルド」のあらすじでございます。

さて、アバンギャルドの文字と、そのそばで倒れていた女性の関係を探る調査員たち。
アバンギャルドな芸術家を訪問しながら、女性の身元に迫っていきます。が・・・

この物語は「女性の身元が判明した!めでたし、めでたし」がゴールではありません。
実は、そこは通過点。女性の身元も判明し、意識も回復したが、アバンギャルドの文字の
謎は残ってしまった・・・、この文字は一体、何なのだ??がクライマックスになります。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

メモでも、落書きでもイイのですが、そこに書いてある “さもなき文字” に、
到底想像できないようなバックグラウンドが潜んでいる・・・ としたら、どうでしょう??

誰が、どんな想いを持って、
そこに、それを書いたのか・・・


ドラマティックな背景が存在するかもしれませんよ、ごくごく稀でしょうけどね。
私も謎の文字に出会った事があるのです、LAの歩道で。今回の物語は、その実体験を
ヒントにしています。(舞台挨拶の際には、その時の事をお話できたらいいですね 笑)

さあ!明日!仙台大衆舞踊団のチケットが発売となります!!仙台三越プレイガイドにて。
指定席は、三越さん限定販売です。一週間でほぼ完売してしまうので、大変恐縮ですが、
ご希望の方はお早めにお求め下さいませ♪ 心よりお待ち致しております!!


◆メモに牛乳って書いてあったら、
それは、牛乳を買うって事でしょうねー。
想像だにしない背景、あるのかしら?笑
↓ あるかもよ。のレッツ!プッシュ!!


********************
DANCE公演・仙台大衆舞踊団2019
vol.13 ~アバンギャルド


令和元年 9月16日(月・祝日)
17時開演 ※16:30開場/18:20終演
イズミティ21・大ホールにて

【入場料】
前売指定1500円、前売自由1000円
当日自由1500円
※3歳以上のお子様より、ご観覧頂けます。
※チケットは、仙台三越プレイガイドにて、
7/20(土)より発売。指定席は三越限定です。
********************
2019/07/18

ちょっと変態 ~あらすじ2019(2)

仙台大衆舞踊団2019のあらすじ。続きです。

アバンギャルドの文字を残して、意識を失った女性。
その身元を探る調査員たちが、“アバンギャルド” にまつわる人々へ遭遇してゆきます。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団
(↑インスタより「アバンギャルド」)

アバンギャルド=前衛的。調査員が出会うのは、様々な分野の “前衛芸術家” です。
最初に出会うのは「青年画家」。時代の最先端を追い求めているので、そのいでたちは
案外オシャレです。ベレー帽なんて、かぶっていないんですよー 笑

若き画家のアトリエには、沢山の作品がありました。その中に “美しい花の絵” も・・・。
感動する調査員に対して、画家はヒジョーに冷めた反応を見せます。なぜなら・・・

彼は、花の絵の出来栄えに満足していないのです。むしろ、絶望している!!
どんなに必死に描いても、“本物の花の美しさにかなわない” 事を思い知ったのですから。
そして、彼がたどり着いたのが前衛的な絵画でした。調査員には未完成に見える作品・・・

前衛的な作品というのは、それに縁遠い人には、良さを分かりかねるものです。
私も縁遠いほうのひとり 笑。調査員の素直な反応に、私の心を反映させてみました。

一方、前衛的な作品には熱狂的なファンが存在しますね。私にはサッパリ分からなくとも、
前衛画家と、生み出された作品と、それを支持する画商の間には、濃密な!?理解が・・・

画家 「これが、私の想いです!!」
作品 「どうぞ・・・感じてください・・・」
画商 「あぁ分かってしまう!素晴らしい!」

かたや、微塵も分からず、かたや、確固たる自信をもって分かっている。面白い世界です。
“前衛的な絵の何が素晴らしいのか” という解説を、舞台本番にてお伝えしてまいります。

・・・とまあ、ここまでが、今年の物語の3分の1でしょうか。私ども、ダンサーですので、
絵画もダンスで表現します。前衛的な絵をSINOが、画商はアタクシが演じます。
“濃厚に理解し合う” 様子、ちょっと変態方面です 笑


◆演じる本人たちも、
( *´艸`)ププッとなるのを堪えてます。
↓ あっそー。のレッツ!プッシュ!!


********************
DANCE公演・仙台大衆舞踊団2019
vol.13 ~アバンギャルド


令和元年 9月16日(月・祝日)
17時開演 ※16:30開場/18:20終演
イズミティ21・大ホールにて

【入場料】
前売指定1500円、前売自由1000円
当日自由1500円
※3歳以上のお子様より、ご観覧頂けます。
※チケットは、仙台三越プレイガイドにて、
7/20(土)より発売。指定席は三越限定です。
********************