2023/12/22

炎上、物盗られ ~介護回想録04

認知症では有名な症状『物盗られ妄想』。
御G様ったら、自分で財布を隙間に隠しては
忘れて、盗られたと騒ぐ…のサイクルでした。
そんな折、戦慄の一夜が!?

☆困った事態②
『物盗られ妄想+作話』
物盗られ と 作話(頭の中で作り出す出来事)
合体して、オオゴトになってしまいました。

⇒G様「3万円、盗られたんだよ。」
⇒私「じゃ、一緒にお財布を確認しましょ。」
⇒ふたりで、財布の中のお札を数える。

G様、一旦は布団に入るけど、何度も起きる。
5万円… 10万円… 都度、被害金額が上昇。

⇒私「どうしたの? 今日は眠れないの?」
⇒G様「それ所じゃないんだよ…(小声)
 100万盗られた! 家の中に強盗が居る。
 警察に電話してくれ…(小声)」
⇒私「そんな大きなお金は家に置いてないよ。
 銀行に預けてあるから、明日調べに行こ?」

仙台のダンサー・ヒゲーニョのOFF

G様、寝たと思いきや、23時。玄関チャイム
が鳴り、斜め向かいのご主人が来た。

ヒィイイイ!?
G様も一緒??
∑(((((゚д゚;ノノ 

御G様、強盗に見つからぬよう、窓から外へ
出たんですね。ご近所に助けを求めました。
…そこから修羅場さぁ。家に強盗が居るワケ
だから、家に入りたがらないよねぇ。果ては、
私と母が強盗の一味になっちゃった!?
もぉ、大声で叫ぶわ、大暴れするわで…。

この夜以降「警察に電話して」と頼まれたら、
「電話した」と答える事にしました。でも、
「どこの署だ?名前は?」などとテゴワイ。
私もさ「昨日来た〇〇派出所のお巡りさん」
「今、この辺を巡回してもらってる」って
答えますけど、まあG様の心配は尽きない。

で、ジ様は『強盗捕縛作戦』を語りながら、
50分後かな…段々寝言のようになり、就寝。
相槌が無いと目覚めるので、私はずっと枕元。


◆これは認知症中期の体験です。
介護の中で、最も大変な時期と言われます。
体に問題が無いから、元気にやらかしちゃう。
ご多分に漏れず、私も対峙しました。
↓ お疲れちゃん。レッツ!プッシュ!!


【 ビバップで、どジャズ 】