2024/02/01

支配人、逝く

看板ダンサーのひとり SINOさんより、
こんな表現を頂きました…

「仙台大衆舞踊団 支配人」。

わたくしの父の事でございます。
1月下旬に、この世を旅立ちました。

FDCダンススクールのメンバーさん、
OGの皆様から頂戴した "美しい花々" が、
今、父の隣に寄り添っております。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

当ブログをご覧下さっている皆様には、
驚かれた事と存じます。父が療養の為に
入院したのが、11月の終わり頃でした。
程なくして、微熱が出るようになり、
それが次第に、高熱へ至るようになりました。
身体の中で何かと闘っていたのですね。

この土日はスクールを休校にし、家族にて、
お別れの会を…。その間、スクール生の
皆様には、父へ思いをはせて下さった事と
存じます。…私にも伝わりました。

父は長く、駐車場で、お車の方のお見送りを
しておりました。レッスン後にスタジオから
出てくる皆さんへ「はい、お疲れ様」などと
声をかけてですね、道路の往来の隙を見て、
"今、いいよ、オーライ" の合図を出す。
テニスの素振りをしながら待機してましたね。

舞台の受付業務にも、勝手に 笑、参加して
おりました。うちのダンサーさんたちを、
応援してくれていましたね…

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

私どもキムラ家のムードが、スクールの空気
にONしている所がありました…。 それを
心地良いと思って下さる娘っ子たち 笑 が、
現在のメンバーさん達ですものね…

父は、偲んで下さる方々が沢山居て、本当に
幸せでございます。あの世へ持っていけるのは
思い出や… 皆さんのお気持ちですから。

皆様が、父と楽しい時間をご一緒下さった事、
改めまして、心より御礼申し上げます。


◆当ブログを通して、
父の様子をお気にかけて下さった皆様、
…誠に誠にありがとうございます。
↓ 明日へ続く。レッツ!プッシュ!!
人気ブログランキング


【 大ソナタ悲愴 】