2020/02/11

これ、あるある ~お稽古あるある02

バレエやジャズダンスのレッスンで
このように、手を上げますと・・・

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

「肩を上げないで」と言われる事があります。

そして、レッスン生は試行錯誤します。
肩を上げないって言われても・・・
肩を下げると、手が高く上がらないぞ??

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

ど~したら、肩を下げたまま手が上がる?

・・・と悩んだ時、
アナタが必死に降ろそうとしているのは、
“ココの部分” ですよね??

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

そりゃそう。普通はそれが肩です。が!
「肩を降ろす」とは、コッチを降ろす事。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

コッチ!を降ろしてみますよ。
ほら♪ 美しく手が上がります♪

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

コッチ!を降ろす事によって、キュウクツな印象無く、腕を美しく上げる事が出来ます。
最初に「肩だ」と思っていた所=肩の先端は、実は “動いても良い場所” なのですね~。

さあ、最大のポイントをお教えします。

「肩を上げない(肩を降ろす)」を、
正確に表現すると・・・

“鎖骨を水平に保ちましょう” なのです。

FDC仙台ダンススクール&仙台大衆舞踊団

人間の腕は、鎖骨を水平に保ったまま、上下左右へ自在に動く・・・ように出来ています。
(補足説明:何故なら、腕を動かしているのは、せなか側にある “肩甲骨” だからです。
 鎖骨を置いたまま、肩甲骨を傾かせる事で、腕は自在に動く事が可能なのですよん♪)


◆この手のダンスレッスンあるある、
誠に沢山、あるある、なんですよ。
・・・あさってへ続く。
↓ 明日は猫バカか。レッツ!プッシュ!!




【 感謝を込めて2019 】
https://youtu.be/4O2L6WXZvHM