2024/02/09

この写真だよ。

只今、お稽古で踊っているのが…
平井 堅さんの『瞳をとじて』。
SINOさんいわく…

「なんか、時々…
 (感極まって)
 危なかった…

 歌詞がそのもので…

 ブログにあった写真の光景。
 見た事ないのに
 勝手に思い浮かんじゃって…」

今回『瞳をとじて』を踊る事になったのは、
若い頃の両親の写真を見たのがキッカケです。
満開の桜に囲まれた新婚さん…とても可愛い。

SINOさん、こんな写真だよ!

仙台のダンサー・ヒゲーニョのOFF

おとっつぁん。365日×ウン十年を一緒に
生活してたワケで、やはり "父の体が無い"
という状況は、リビングの空気が常に、
そこはかとなく、物足りないのです。
手が空いて、ひと休憩… という時にこそ、
その "物足りない" を実感致します。

母「…。寂しくなってきた!!」

もうね、母も私も、そうした気持ちを、
自己申告するようになりました。で、二人で
父との日々を回想し、最終的に二人の気分は、
良いほうへ落着します。ふふ♪ 自分たちの
都合が良いほうへ持っていってんのかも♪笑

私はね、常々思うんです。

わざわざ
悲しい方向や 冷めた方向へ
自分の考えを持ってくのは
やめよっ。と。

わざわざ考えるならば、明るく、あたたかく、
熱い方向へ考えるほうが得かもしれない!?

大切な人達が旅立った。切なくて泣く…けど、
私を "見守ってくれる人" が増えた。
"あの世で迎えてくれる人" が、大好きな人
ばかりだ。…と思いますと …力が湧くぞ!


◆すなわち…
この世で過ごす時間を大事にできます♪
↓ だかもな。レッツ!プッシュ!!
人気ブログランキング


【 STAY ここに居て 】