2010/07/16

ヒゲーニョ法師談⑦ 人類皆兄弟

迷える人生の旅人「ヒゲーニョ法師」の勝手なスピリチュアル・トーク、第7弾です。
私ごときが思う所なので、どうぞご期待なさらぬように。では、始めます。
 
日々の生活において 「この人、違う星の人なんじゃないの?」 と思えるほど、
価値観が違う人に出くわす事がございます。ウマが合わないな と思えば、友達
にならなければ良い話・・・ですが、避けて通れない関係、例えば、あなたの同僚
や後輩、上司などはいかがでしょう・・・
 
異星人、いらっしゃいませんか?
 
お互い、長きに渡り、違う星で生きてきたのです。あなたが強く望もうと、相手はそう
簡単に変わるはずもなく、また、相手から見れば 「あなたこそが異星人」 である
可能性も・・・(ドキッ?!)。 まぁ、銀河系は広いのです。色んな星の人が居て
当たり前。この人はこういう人なんだな、と許容するしかないでしょう。 そして
「○○星人さんには、このように接すれば良い」 というように、あなた自身の対応
スキルを磨く事が最善策かもしれません。それでも問題が深刻さを増す時には、
同じ星の人々にレスキューしてもらいましょう。
 
先ほどから 「違」 「異」 を連発しておりますが、
私の根本的な考え方は 「人類みな、兄弟」 。
 
私たちの先祖をどんどんと さかのぼって行けば、どこかで血がつながっているかも
しれません。実際、人類は “アフリカのたった一人の女性” から誕生したのです。
苦手なアイツと私は、遠い遠い親戚かもしれない・・・ ぐらいに思ってみては?。
身内だと思うと、基本的な心の距離が近づくので、案外、緊張せずにお話できます。
そして、ちょっぴり優しくなれる ・・・と思えるのは私だけでしょうか?
 
  迷える人生の旅人・ダンス坊主
 
いいえ、同意は結構です。私だけだったとしても、異星人と思えるほど価値観が
違う事を、この広き世界に誕生した個性の1つととらえ、愉快に受け止めていきたい
と存じます。ご清聴、誠に有難うございました。
 
P.S. ちなみに、ヒゲーニョが苦手なのは 「オシャレ星人」 です(絶世の美男美女で、
抜け目無くお洒落な装いの人々。凡人のアタクシには、彼らと共通する話題がある
とは思えず、何を話して良いのか分からなくなる)。
 
 
 
2010/05/04

ヒゲーニョ法師談⑥ 性格コーディネイト術

迷える人生の旅人「ヒゲーニョ法師」の勝手なスピリチュアル・トーク、第6弾です。
私ごときが思う所なので、どうぞご期待なさらぬように。では、始めます。
 
あなたはご自分がお好きですか?
 
チャート式の性格診断をしながら、ふと思います。この選択肢でAを選んじゃうと
「アナタは○○な人です」って言われるんだろうな。同様に、Bを選ぶと「△△な人」、
Cを選ぶと「□□な人」って判定されるんだな・・・性格診断って楽しい遊びだけど、
落ち着いてみれば、結果はどれも当たり前田のクラッカー。
しかし、この逆をたどる事は、大変有益だと思います。アナタが○○な人になりたい
のなら、日々の生活でAを選択して行動すれば良いのです。
 
誰しも1度くらいは、ステキな友達や先輩方の行いに触れ 「私も真似しよう」 と
試みたはずです。まぁ所詮 “ 受け売り ” ですから、初めは板につかないでしょう。
が、日々そうしていると、いつしか必ず 「自分のモノになったな」 と思える日が
来ます。 だから、どうでしょう!
 
お気に入りの雑貨を集めるように、
性格もお気に入りを探して、集めてみては??

 
好みの雑貨に囲まれた生活は、ウキウキ感と充実をくれます。自分の内面に好きな
性格が宿った時も、きっと同じ。 まだまだ至らぬ所が満載ではあっても、少しずつ
自分をいとおしく思えてくる ・・・ すなわち、これが自信なり!!
・・・ と思えるのは私だけでしょうか?
 
  迷える人生の旅人・ダンス坊主
  
いいえ、同意は結構です。私だけだったとしても、持ち物や容姿へ向かう自信よりも、
遥かに強いのが内面への自信だと思われます。 どのような人間でありたいのか
日々問い、自信を育みながら、今生を生き抜きたいと存じます。
ご清聴、誠に有難うございました。
 
 
 
2010/03/19

ヒゲーニョ法師談⑤ 天命を知る

迷える人生の旅人「ヒゲーニョ法師」の勝手なスピリチュアル・トーク、第5弾です。
私ごときが思う所なので、どうぞご期待なさらぬように。では、始めます。
 
隣の芝生は青い、と申しますが、20代は魅力的な芝生へ行ってみては、実は
案外青くもない事を知ったり、逆に素晴らしい芝生育成法を学んだりする時期
ですね。自分の芝生も徐々に豊かとなり、自信が芽生え始め、他人の芝生の
青さもハタから見極められるようになってきます。この頃には仕事や家庭、
趣味など自分を取り巻く環境も大体定まり、その道を歩んでゆくワケです。
 
三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る。
偉人の天命はさておき、我々凡人の天命って何でしょう? 私は、
 
人間関係にしろ、仕事にしろ 「出くわす回数が多い事態」 が
天命のヒントなのではないか、と思います。

 
例えば、毎度同じような問題に巻き込まれるならば 「あなたはこの課題を
クリアしなさい」と求められている、とか。。。 私は子供の頃から何度も、親友の
親御さんが若くして亡くなる経験をしておりますが、これは、本来優しくない私
ですから 「あなたはよく見て、よく考えなさい」 というメッセージを与えられたのだ、
と思っています。仕事に関しても同じなんですよ。「是非、木村先生に!」 などと
依頼された訳でもないのに、まわり回って来た依頼の幾つかが、何故か似た内容
だったりします。これが繰り返されれば 「どうやら私は、この仕事をするように
仕組まれているらしい」
と思い始めるかもしれません。
天命はそのように認識してゆくもの・・・と思えるのは私だけでしょうか?
 
迷える人生の旅人・ダンス坊主
 
いいえ、同意は結構です。私だけだったとしても、ご縁のある人や事柄と真摯に
向き合い、今生のテーマを楽しく探求したいと存じます。  
ご清聴、誠に有難うございました。